2011年10月06日

Thank you, Steve!

Appleの前CEO、Steve Jobs氏が昨日(米国時間の10/5)、亡くなりました。ご存知のように、その前日の10/4はiPhoneの新製品4Sの発表がありました。Steveは8月にCEOとして退任したばかりで、後任のTim Cook氏が主役となる初の新製品発表会。任せたものの、やっぱり心配だったんでしょうね。その発表会を見届けて安心したのだ、と思いたいです。

彼がテクノロジーのあり方を大きく変え、社会に大きな影響を与えたことを否定する人はいないでしょう。残念ながらSteve(あえてこう呼ばせて頂きます)と会ったことはないのですが(当たり前か)、私も大きく影響を受けた一人です。会ったことはなくても、Appleが提供しているモノは全てその陰に彼の存在を感じるからか、不思議と遠い存在とは思えません。

私のSteveとの接点は、1992年。社会人になって初めて買ったPowerBook 170。大学生のときにソフトバンクのOh! X編集部に出入りしていましたので、初期のMacintoshにも触れる機会はあったのですが、その時はまだまだ縁遠い存在でした。社会人になってようやく買えるようになったわけですが、確か50万円ぐらい。初任給の軽く2倍以上でした。ただ、その当時は既にSteveは当時のAppleから追い出されていましたので、Steveが生み出したMacintoshではありましたが、Steveが直接手掛けたモデルではありませんでした。

SteveなきAppleは迷走しました。私が留学していた1995年前後はAppleの最悪期(この時期にPowerPCプロセッサになったPowerBook 5300cを購入)。株価は極端に低迷していました。この時株を買っておけば、と思っても後の祭りですが、当時は真剣にAppleが潰れるのでは(現実解としてはどこかに買収されるのでは)と言われるありさまでした。

そんなこともあり、個人的にしばらくWindows中心の時代が続きましたが、再びApple製品を買うようになったのは、iPodが普及するようになってから。iPodはまさしくSteveだからこそ生み出せたモノですね。私が最初に買ったのはiPod miniで、2004年。この頃から再びMacも買うようになり、Mac mini (2005年)、MacBook (2008年)、そしてつい最近購入したMacBook Airと続いてきました。もちろんiPhone (3GS、もうすぐ4S予定)も使っています(ちなみにこの購入履歴を見ると私がInnovatorというよりもEarly adopterということがわかってしまいますね)。

ここまではユーザーとしてのSteveとの付き合い。一方で、経営者としてもSteveからは大きな影響を受けてきました。これはまた機会を見て書いてみたいと思います。

本当の多くのモノを与えてもらったユーザーとして、そして後輩経営者として、Steveには本当に感謝しています。Thank you, Steve!

感謝とともに、哀悼の意を表すため、一週間ほど本ブログの背景色を変えさせて頂きます。
posted by 岡本浩一郎 at 10:39 | TrackBack(0) | パーソナル
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48346719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック