2012年10月03日

なぜ業務ソフトメーカーではダメなのか

弥生と言えば、弥生会計。そして弥生会計(+やよいの青色申告)は、お陰様で、中小企業、個人事業主、起業家向けの会計ソフトとして圧倒的シェアを頂戴しており、デファクト・スタンダードとして認知頂いています。そういった意味で、弥生と言えば、一般的には「業務ソフトメーカー」として認知頂いているのではないかと思います。

安心して使って頂ける業務ソフトを開発し、販売する。これは弥生の提供する価値の源泉ですし、そういった観点では弥生は今後も業務ソフトメーカーであり続けます。業務ソフトのメーカーとして、業務ソフトを開発し、販売する。もちろん、ソフトウェアは使ってこそ価値を生みますから、売りっ放しではなく、安心して使って頂けるためのあんしん保守サポートにも力を入れています。

ただ同時に、業務ソフトメーカーに留まっていてはダメだとも考えています。

新製品の発売時期には、私も家電量販店の売場に立つ機会が多いのですが、お客さまの様子でちょっと気になることがあります。ゲームソフトを買われるお客さまはとても嬉しそう。ワクワク、ニコニコ。早く家に帰ってこのゲームで遊びたい。残念ながら、業務ソフトを買われる方は、そうではありません。義務で買うというか、仕方なく買うというか。時には自分で使えるのかな、という不安な表情をされていることも。

もちろん、キチンとサポートを提供することによって、自分で使えるのかな、という不安については、これなら大丈夫というあんしんに変えることができています(当然、私が売場に立っている時も、デモやご説明を通じ、不安を解消するように努めています)。ただ、業務ソフトを買われる際に、それほど嬉しそうでない、という点については、解消することはできていません。

冷静に考えてみると、これは充分に理解できることです。ゲームソフトは買って、それで遊ぶことが目的です。これに対して、業務ソフトのお客さまは、業務ソフトそのものを欲しいわけではありません。業務ソフトを買うことは目的ではない。お客さまが本当に達成したいのは、自分の事業を成功させることです。業務ソフトは、そのための、あくまでも手段でしかありません。。

そういったお客さまの本当のニーズを踏まえると、弥生はこれまでの業務ソフトメーカーのままではダメだと考えています。業務ソフトを提供するのは当たり前。業務ソフトを提供して終わりではなくて、お客さまが事業でお困りのことにさまざまなお手伝いをすることで、お客さまの事業の成功をより確実なものにしていく。それが弥生が今目指している「事業コンシェルジュ」です。
posted by 岡本浩一郎 at 19:47 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58721905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック