2013年04月08日

あと一年!

今日は2013年4月8日。とても重要な日まで、いよいよあと1年となりました。今から1年、2014年4月8日に、マイクロソフトによるWindows XPとOffice 2003のサポートがいよいよ、完全に終了します。本ブログでも、Windows 2000のサポート終了をきっかけに、サポート切れOSのリスクについて節目節目で(1,000日前2年前)取り上げてきました。そしていよいよあと1年。

正確に言えば、時差の関係で、日本では2014年4月9日(日本時間)でサポート終了ということになるようです。明日より日本マイクロソフトでも大々的なXPからの移行キャンペーンが立ち上がると聞いています。

これまでも何度もお話しした内容ですので、またか、と言われそうですが、あえて繰り返させて頂くと、今から一年後にはWindows XPは正式にサポートが終了となり、セキュリティ更新プログラムの提供が終了します。このため、新たにセキュリティ上の問題が発見されても対応が困難になりますし、それに乗じて、Windows XPを狙い撃ちにするウイルスが増えることが予想されます。つまり、この日を境に、Windows XPは「絶対に使うべきではないOS」になります。

今年年末に発売を予定している弥生の次期製品は、Windows XPでご利用頂けますが、その一年後に予定している次々期製品は、Windows XPのサポート終了後の発売となるため、Windows XPではご利用頂けません。また、次期製品についても、マイクロソフトがサポートを終了する2014年4月9日以降は、Windows XP上での弥生製品のサポートについては、新たなPCへの弥生製品の移行などに限った限定的なサポートとさせて頂く予定です。

「まあ、ギリギリになったら考えよう」では、間に合わなくなる可能性もあります。どうか皆さま、お願いです。皆さまの事業を円滑に継続するため、一日も早くWindows XPからの脱却を進めて下さい。弥生はお客さまのWindows XPからの移行をサポートしていきます
posted by 岡本浩一郎 at 19:27 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64669165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック