2013年07月19日

選挙に行こう 2013

今週末(日曜日、7/21)は参議院議員通常選挙です。本ブログはノンポリ(古い表現ですね…)をポリシーとしており、原則として政治に関する話題は取り上げないことにしています。ということで、それぞれの政党の政策を分析したり、自分がどの政党や候補に投票するつもりかについては書きません。今回に関しては、まだ色々と迷っており、自分自身どうするか決められていないという事情もありますが。改憲、原発政策、TPPなど論点はいくつかありますが、全てにおいて自分の考えと一致というのはなかなか難しいですね。何を重視するか。

ただ、やはりこれだけはお伝えしたいのは、是非選挙に行って投票しましょうということ。私も必ず投票します。せっかくの週末だし面倒くさいという人もいれば、自分が投票したところで結果は変わらないという人もいるとは思います。でも、この投票で、私たちの将来が決まるんです。それに自分が投票したところで結果は変わらないなんてことはありません。選挙は一票一票の積み重ね。

今回からネット選挙が解禁(正確に言えば、ネットで投票ができるわけではないので、ネット「選挙運動」の解禁ですね)され、ネットで様々な情報を目にする機会も増えました。一方で、正直盛り上がりに欠ける気がするのは私だけでしょうか。今回は、大きな流れがある程度予想がつき、なおかつ、選挙公示前から、選挙直前である現在まであまり動きが見られない、要は「結果はわかっているよ」というムードがあるような気がします。

それでも、やはり私たち一人一人が投票という行動によって、私たちの意志を示すことが重要だと思います。国会議員の皆さんは私たちの代表です。白紙委任(良く言えばですね、悪く言えば丸投げ)ではなく、私たちの意志をキチンと示した上で、私たちの代表としてこの国の舵取りを託したいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 19:44 | TrackBack(0) | その他
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71103469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック