2013年10月24日

弥生の新・消費税対応(サポート・サービス、その3)

先週金曜日、10月18日に家電量販店での発売が始まった新製品「弥生 14 シリーズ」のブログ製品発表会、6回目の今回は弥生の「新・消費税」対応、特にサポート・サービス面での対応について前回に引き続いてお話しします。

前回は、あんしん保守サポートにおいて新たにサービスを開始する「消費税改正業務相談」についてお話しさせて頂きました。「消費税改正業務相談」では、事業者の方がよく直面しがちな悩みに弥生のカスタマーセンターでお答え致します。

この消費税改正業務相談はもちろんのこと、弥生 14 シリーズをご利用されるにあたっての様々なご質問、さらには、Windows XPのサポート終了に向けたPCの移行に関してのご質問など、これからの一年間(特にこれからの半年間)は、これまでにない数のお問合わせをカスタマーセンターに頂くことが想定されます。このため、弥生では今年の頭から、カスタマーセンターのキャパシティ増強の準備を進めてきました。

この結果、既に9月末までに札幌カスタマーセンターにおいて、全ての工事が完了しています。この増床工事によって、札幌カスタマーセンターの床面積は従前の1.8倍の563坪(大阪カスタマーセンターとあわせ、合計948坪)、席数は1.9倍の420席(大阪とあわせ、合計630席)に大幅に増加しています。もちろん、設備はあっても、実際に対応するスタッフがいなければ意味がありませんので、スタッフの増強/教育もこの半年間で徹底的に進めてきました。

2013102201.PNG

これだけの規模のサポート体制をご用意しているのは、弥生だけです。弥生のソフトウェアは、「かんたんやさしい」とご評価頂いていますが、万が一お困りの際には、いつでも頼って頂けるという「あんしん」もご提供しています。

ただし、もちろん困らないで済むのが一番です。そのためにも、お問合わせをただお待ちするのではなく、弥生からも、弥生製品を利用して業務を遂行するために必要な情報を積極的に発信していきます。例えば、製品の操作方法、アップデートに関するお知らせ、法令改正に関する業務情報等を、弥生のウェブサイトや製品付属のメッセージセンターというツールを活用し、お客さまに、わかりやすくご提供します。

2013102202.PNG

posted by 岡本浩一郎 at 18:26 | TrackBack(0) | 弥生
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79050111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック