2011年03月18日

新たな始まり

東北地方太平洋沖地震が発生してからちょうど一週間が経ちました。被災地の深刻な状況を見るにつけ、本当に心が痛みます。まず何よりも、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を祈っています。日本にとって、国難の時期であることは論をまたないでしょう。一方で、私はこの日本という国に改めて大きな希望を見出しています。

地震が起きた日は、私は結局帰宅することができず、多くの社員と共に、会社に泊りこみました。そして多くの電車が動き出した早朝に、社員二人と共に、ようやく帰宅の途につきました。JRが全滅だったので、神田から銀座線で渋谷、そして東急東横線で横浜という目論見だったのですが、途中で京浜急行線が動き出したという情報が入り、結局、銀座線で新橋、そこから都営浅草線で泉岳寺、泉岳寺から品川まで歩いて、品川から京急というルートで朝7時頃にようやく帰宅することができました。

泉岳寺で浅草線を降り、そこから地上に出るまでには地下道を少々歩くのですが、そこには長い行列ができていました(おそらく動き出した京急線で羽田空港を出てきた人達で、ちょうど我々と逆に北に向かおうとしていました)。パニックになっても不思議ではない、そんな状況下でも皆、列を作って整然と並んでいました。決して広くはない通路で、キチンと片側をあけて。皆さんご承知のように、これは決して泉岳寺だけの光景ではありませんでした。我々自身も品川では列に並んで待つことになりました。

この未曾有の災害においても、我々が秩序を守って、譲りあって行動していることは、海外のメディアでも多く報道され、そして称賛の対象となっています。略奪も暴動もない。残念ながら食料の買い占めといった問題はありますが、周りの人間によって命を脅かされるリスクを感じることはありません。皆、耐え忍び、自分にできることを粛々と頑張っています。

そして月曜日。電車が混乱し、通勤自体が極めて困難な中でも多くの人が当然のように出勤してきました。現在では、一部体調を壊された方を除き、ほぼ全員が普段通りに出勤し、粛々と仕事をしています。

もちろん、これがマイナスに働くこともあります。耐え忍ぶことは、受け身と紙一重ですし、悪くすれば諦めにもつながります。この20年以上、日本は国としての方向性を見出すことができず、ずるずると衰退してきました。もちろん、皆できることは頑張ってきた。それでも、それなりに快適、それなりに豊かということもあって、抜本的に舵をきることはできていません。ある意味、一晩で国が変わることもある中東のジャスミン革命とは対照的とも言えるかもしれません。

ただ、この危機を前にして、今こそ日本は大きく変わる時だと感じています。今の自分は一週間前の自分とは明らかに違うし、今の日本は一週間前とは明らかに違う。もう戻ることはできません。そんな時に、皆が自然にお互いを想いやり、お互いに支え合う日本の強みがきっと生きてくると信じています。
posted by 岡本浩一郎 at 17:45 | TrackBack(0) | その他

2011年03月14日

頑張ろう

週が明け、東北地方太平洋沖地震の発生から丸3日経ちました。鉄道網の大幅乱れによって、出社できている社員は全体の半分ぐらいですが、業務を再開しています。

本日午前中は対策会議を行いました。弥生のスタッフは全員無事。仙台エリアで量販店巡回をお願いしているフィールド・スタッフ1名のみ連絡がついていなかったのですが、無事に連絡がとれました。ただ、弥生のパートナーである会計事務所、販社については、まだ連絡が取りきれていません。

今後の運営については、本日中に公式ウェブサイトで告知を行いますが、お客さまの業務に支障が出ないように、最善を尽くします。幸いにして、弥生のお客さま向けの窓口であるカスタマーセンターは大阪と札幌にあり、震災の直接的な影響は受けていません。ただ、弥生全体として影響を全て回避できるかどうかはまだまだ不透明です。今のところ、弥生の本社のある東京都千代田区は計画停電の対象外地域となっていますが、仮に今後対象となった場合には、一定の影響が出ることになります。

とにかく前代未聞の事態。ベストを尽くすしかありません。お客さまの皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあり得るかと思いますが、何卒ご理解を頂ければ幸いです。

こんな時に何ですが、確定申告の期限が明日3/15に迫っています。既に、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県については、期限が延長されることが決まっています(いつまでかはまだ決まっていないようです)。逆にいえば、その他の地域については、これまで通り明日ということになりますので、皆さん色々と大変だと思いますが、頑張りましょう。

弥生の本社では本日午前のやよいの青色申告体験セミナーを予定通り開催しました。まだ皆、諦めてはいません。

今回は白色申告だったけど、次回は是非、青色申告でという方。これまで本ブログでも青色申告に如何にメリットがあるかをご説明してきました。ただ、そのメリットを享受するためには、やはり3/15までに承認申請が必要です。是非、お忘れなく。

今回の巨大地震は、まさしく日本全体を揺るがす国難です。本来は、上記の被災地にかかわらず、申告・申請期限を延長して頂きたいと願っております。国税庁の大局的な判断を期待しています。
posted by 岡本浩一郎 at 14:52 | TrackBack(0) | その他

2011年03月11日

弥生は無事です

東北大地震が発生した時、私はオフィスにいました。最近はちょこちょこ地震があったので、またか、と思ったのですが、いまだかつて体験したことのない揺れでした。

幸いにして、大きな被害はありません。弥生の他の拠点、札幌、名古屋、大阪、福岡も無事の確認がとれました。大阪と札幌のカスタマーセンターでは、一時的に電話の受付を中止しましたが、安全の確認がとれた1時間後から受付を再開しました。

無事は無事ですが、比較的遠くから通勤している人間(私も含め)は帰宅が難しいので、会社で待機しています。最大で60人ぐらいはこのまま会社に泊りこむことになりそうです。食べ物も調達できましたし、ウォーターサーバーの水もかなり潤沢にあり、停電でもしない限り、それほど辛い思いはしなくて済みそうです。今は、UstreamでNHKを見ています。IPインフラは災害に強いですね。情報が普通に入ってくるので、不安に思うことはありません。

明日も家電量販店でのデモが予定されていますが、交通機関が復旧しない場合などには、デモをキャンセルする可能性があります。ご不便をおかけしますが、ご理解頂ければ幸いです。

確定申告の締め切りが来週火曜日3/15ですが、状況を考えると、締め切りを延長すべきだと考えています。関係者の英断を期待しております。

まとまらないブログですみません。状況が徐々に明らかになりつつありますが、被害がこれ以上広がらないことを願っています。
posted by 岡本浩一郎 at 21:10 | TrackBack(0) | その他

2010年01月08日

サイトのデザインを更新しました

パッと見でお気付きでしょうが、本ブログのデザインを更新しました。社内で評判を聞いたところ、「画面が暗い」という意見が多かったため、急遽の更新です。

本ブログは、さくらインターネットの「さくらのブログ」を利用しています。準備に時間をかけるよりもまずは始めることが重要ということで、既に用意されているテンプレートの中で、弥生のコーポレートカラーである青が中心となったテンプレートを採用していたのですが、確かにちょっと暗かったですね。

デザインのテンプレートであるCSSをいじったのですが、慣れない作業で、結構手間取りました。ヘッダーは、2005年にメキシコのCancunで取った写真をアシスタントのTさんにお願いして加工してもらいました(プライベートのブログなのに、職権乱用?)。全体としてだいぶ明るくなったと思うのですが、いかがでしょうか。まだいくつか改善したい点はあるのですが、本ブログは長く続けるつもりですので、時間をかけながら徐々に見直しをしていきたいと思います。

昨日の源泉所得税に関する話題で一点だけ補足です。税理士の先生に報酬を支払った場合は源泉徴収が必要になりますが、税理士法人に対する支払いの場合は源泉徴収は不要だそうです。もっともこのケースは請求の段階で適切に処理されているでしょうから、間違えることはないと思いますが。最近は法人化される会計事務所も多いですね。
posted by 岡本浩一郎 at 21:26 | TrackBack(0) | その他