2018年01月18日

紺とグレー

1月も後半ということで、これが最後の新年ネタになるかと思います。新年には、賀詞交歓会や銀行での新年の挨拶など、いわゆる経営者が集まる場が多くなります。そういった場に参加するたびに、日本の経営者が、(年齢的に)シニアな男性で占められていることを実感します。色で言えば、紺とグレーでしょうか。

私がそういった場に参加するようになったのは、10年前に弥生の社長になってからです。当時、あまりの「紺とグレー」に驚いたことを鮮明に覚えています。その時代は、まだ身も心も若かったですから(相対的に、笑)。それから10年近く経ちましたが、「紺とグレー」は全く変わっていません。逆に私自身が「紺とグレー」の世界に染まってきたような…。

むろん年をとっていることが悪いこと、とは思いません。積み重ねた経験は間違いなく強みになるでしょう。私も10年前と比較して、経験値という意味では飛躍的に成長できたと自負しています。

一方で、変化の激しい時代においては、経験値だけでは勝てません。経験に縛られすぎれば、むしろマイナスに作用することもあるでしょう。特に弥生の場合はIT業界ですから、過去の成功体験を、あえて自ら捨てることも必要です。また、(何が伝統的なのかは曖昧ですが)伝統的価値観や、(表現が難しいですが)男性的価値感だけでは、通用しない世界になってきているとも感じます。

これは顰蹙を買うであろう発言であることは承知の上ですが、かつてないほど変化の激しい時代にあって、それを牽引する経営者が「紺とグレー」の集団のままで本当に良いのでしょうか。そう言っている自分が「紺とグレー」の世界に染まりつつあることを感じるだけに、焦りを感じる今日この頃です。
posted by 岡本浩一郎 at 21:22 | TrackBack(0) | ビジネス

2018年01月15日

白色申告4周年

Facebookをやっている方はご存知だと思いますが、「過去のこの日」という機能があります。これで気が付いたのですが、本ブログのこの投稿から4年(と1日)経ったことになります。

2018011501.png

そう、やよいの白色申告 オンラインのリリースから4年経ちました。やよいの白色申告 オンラインは、HTML5/Azureという現在の弥生のクラウドアーキテクチャの原型を築いたサービスであり、そのアーキテクチャはその後のやよいの青色申告 オンライン弥生会計 オンライン、さらには、やよいの給与明細 オンラインにも引き継がれています。昨年の9月には、Microsoft Partner of the Yearを受賞しましたが、その出発点がここにあります。

お客さまにご利用頂くという観点でも、特に2016年の12月の永年無償化以降、我々も驚くほどの勢いで新しいお客さまにご利用頂くことができています。やはり無償、しかも永年は引きが強いことを実感します(苦笑)。足元の売上貢献という意味では期待できないのですが、まずはやよいの白色申告 オンラインで帳簿をつけることに慣れて頂き、その次に青色申告にステップアップすることで、がっちりと節税して頂きたい(その際には、当然やよいの青色申告 オンラインをご利用頂きたい)という弥生の想いは、成果を生みつつあります。

個人的に嬉しいのは、4年前の写真に登場しているエンジニアが全員、今でも大活躍していることですね。当時は開発部長だったYさんは、取締役に、当時は弥生オンラインのPMだったHさんは、開発部長に。ただ、二人に限らず皆が引き続き大活躍しているからこそ、やよいの白色申告 オンラインで生まれた種がここまで広がってきたわけです。

お蔭さまで、過去4年間で、弥生オンラインはラインアップ/機能/ユーザー数ともに着実に充実させることができました。とはいえ、まだまだ道半ば。弥生といえば弥生オンラインと認知して頂けるまで、チーム弥生の皆の力を合わせ、まだまだ愚直な実践を続けていきます。
posted by 岡本浩一郎 at 18:58 | TrackBack(0) | 弥生

2018年01月11日

新年の抱負

既に松の内が明け(少なくとも関東では)、そろそろ新年ネタもタイミングを逸しつつありますが、ここで私の新年の抱負を語っておきたいと思います。

私の2018年、新年の抱負は…。




ありません(笑)。

え、という感じですね。確かに昔は毎年、新年の抱負をそれなりに考えていました。ただ、いつの間にか、あまり考えなくなってきてしまいました。もっともマンネリになってきた、とか、やる気がなくなってきた、という訳ではないんです。

冷静に考えると、今年こそはダイエット、とか、今年こそは英会話というのは、あんまり続かないんですね。これらはやる気になれば、いつでも始められるわけで、そもそも新年だから、というのは(本音では)やりたくないものを何とかやろうとするもがきに過ぎない訳です。だからこそ続かない。

やろうと思ったらすぐにやればいい。本当にやりたかったら、正月まで待つ必要はありません。昨年の一月には約25年ぶりにコーディングを再開しましたが、これは新年だから始めた訳ではありません。1月の20日ぐらいにふと思い立って、その翌日には豊吉さんに参考書を聞き、そしてその翌日は参考書を買い、1/27には本ブログで再開第一作目について語っています。その後も、希望するほど時間は使えていませんが、言語をPythonに変え、コーディングは細々と続けています。

新年だからではなく、やりたいことをドンドンやる。そういった意味で、新年の抱負ではないのですが、ここのところ意識しているのは、仕事も遊びもトコトンやるということですね。娘もお蔭さまで大きくなり、この先お父さんと無邪気に遊んでくれる期間も限られてきました。だからこそ、遊びに妥協はしたくない。ただ、だからといって仕事に妥協もしたくない。となると、仕事も遊びもトコトン。

体力が最大の課題ですが、幸いにしてまだまだ無理がきく年齢ですので、娘が遊んでくれるうちは、仕事も遊びもトコトン、をトコトン追求してみたいと思います。結果的に一週間で最も疲れきっているのは、月曜日の朝というのは、ここだけの秘密です(笑)。
posted by 岡本浩一郎 at 18:12 | TrackBack(0) | 弥生

2018年01月09日

本格始動

弥生の新年の営業は1月4日(木)から。今年はカレンダーの関係で、年始は遅めスタートの方も多いようで、電車もすいていて快適な一年のスタートになりました。

初日の大事な業務は恒例の神田明神への初詣。毎年参加人数が増え、今回はアルトアメンバーも含め、総勢50名となりました。今年は残念ながらNHKに登場することはなかった(笑)のですが、昨年末にアルトアのことを取り上げて頂いたので、当面は充分登場させて頂いた、ということにしておきます。

2018010901.jpg
(写真でお気付きかもしれませんが、あご髭を生やしています。休暇の後の期間限定なのですが、写真に残ることは珍しいので、お宝写真です、笑。)

初日の業務はこの他、銀行への挨拶や、年賀状の確認など軽いウォームアップから。こちらからの年賀状を原則として廃止したことは書きましたが、その分頂いた年賀状を拝見する時はチクリと胸が痛みました。やっぱり頂くと有難いですからね。改めて、やるという判断よりも、辞めるという判断の方が難しいことを実感します。その分、昨年末に宣言した通り、今年は色々な方と対面でお会いしたいと思っています。

翌日の金曜日もまだまだ準備体操レベル。3連休をはさんで今日からようやく本格始動です。年末年始+αで十分リフレッシュできましたので、やる気は満々。弥生としても、アルトアとしても、今年も色々とやるべきことが多い年になるかと思いますが、ワクワクと楽しんでいきたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 19:05 | TrackBack(0) | 弥生

2018年01月04日

新年のご挨拶 2018

新年明けましておめでとうございます。

新春を迎え、皆さまにおかれましては健やかに新年を迎えられたことと、謹んでお慶び申し上げます。昨年は、「弥生シリーズ」が30周年を迎えました。30年の長きに渡り、「弥生シリーズ」をご愛顧、ご支援いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

「弥生シリーズ」には「変わらないこと」と「変わり続けること」という相反する二つの「特長」があります。「変わらないこと」は、一貫してスモールビジネスの使い勝手に徹底的にこだわっていること、「変わり続けること」は、テクノロジーの進化に合わせて、進化を続けていることです。

「弥生シリーズ」は30年前「青色申告会計 弥生」の開発を通じて、それまでの会計業務を大きく進化させました。その後も製品の進化を通じ、お客さまの業務の進化に貢献してきたと自負しています。

弥生が考える業務の未来形、「業務 3.0」は、会計業務の徹底的な自動化、効率化を目指す「会計業務 3.0」から一段階進み、Misocaと共に進めているスモールビジネスの見積〜発注〜請求〜支払を一気通貫で自動化する商取引プラットフォーム(EDI)である「商取引 3.0」、さらには従業員とのやり取りを自動化する「給与・労務業務 3.0」を含めた、業務全体の自動化、効率化を目指すものです。

「業務 3.0」では、お客さまの業務を、クラウド/AIで自動化・効率化する「SMART」と、事業者内外を、クラウド/APIでつなげてプロセス全体を効率化する「CONNECTED」の2つの柱から、業務全体の自動化・効率化を実現します。これまでの活動を経て、ようやくお客さまの間にも自動化に対する意識が高まってきたことを実感していますが、今年は、さらにその動きを広げていきます。

昨年は、弥生とオリックスが共同設立した「アルトア株式会社」による、小規模事業者向けオンラインレンディングサービス、「アルトア オンライン融資サービス」を開始しました。「アルトア オンライン融資サービス」は、オリックスが持つ与信ノウハウ、弥生が持つ会計ビッグデータと、協業先であるd.a.t.株式会社のAI技術を活用した新たな与信モデルによる、短期・小口に特化した小規模事業者向けオンラインレンディングサービスです。

これまでの弥生の製品とサービスは、あくまでお客さまの業務を支えるにとどまり、事業そのものを支援するには至っていませんでした。弥生にとって、本サービスは、よりお客さまの事業に踏み込んで支援を行う、初の「事業支援サービス」となりました。

今年は、より良いサービスにすべく、使い勝手の改善を進めると同時に、お客さまのニーズをふまえ、商品性の拡充に取り組んでいきたいと考えています。そして将来的には、金融機関との共同事業(LaaS事業:Lending as a Service)により、多くの金融機関からオンラインレンディングが提供される世界を目指していきます。

今年の干支「戌」の特徴は、「勤勉」で「努力家」だそうです。「弥生シリーズ」を30年間支えてきたものは、正に社員の「勤勉」と「努力」に他なりません。今後もこの姿勢を忘れず、「事業コンシェルジュ」をビジョンに掲げ、スモールビジネスに寄り添い、"テクノロジー"と、 "人"の力を活かし、挑戦・進化を続けてまいります。

末筆となりましたが、皆さまにとって本年が素晴らしい年となりますようお祈り申し上げるとともに、引き続き弥生株式会社をご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

弥生株式会社
代表取締役社長
岡本 浩一郎
posted by 岡本浩一郎 at 11:27 | TrackBack(0) | 弥生

2018年01月01日

謹賀新年

謹んで新年のご祝辞を申し上げます

旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様のご支援により、昨年、弥生シリーズは30周年を迎えることができました。
これからも愛される製品・サービスを提供し続けられるよう社員一同努力してまいります。
本年もなおご一層のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

2018010101.jpg

平成30年 元旦
弥生株式会社 代表取締役社長
アルトア株式会社 代表取締役社長
岡本 浩一郎
posted by 岡本浩一郎 at 02:43 | TrackBack(0) | 弥生

2017年12月28日

初の売上

12/7に営業を開始したアルトア開始当日こそお申込みゼロ件だったものの、翌日以降順調にお申込みを頂いています。翌週には初の実行(お客さまに融資金が着金し、融資契約が成立)も行いました。

立ち上げたばかりということで、アクセルは踏んでいない状態ですが、まずまずのペースで進捗しています。

初の実行ということで何よりも嬉しいのが、アルトアとして初の売上が立ったということ。もちろん、実際に売上として入金するのは、融資の翌月、返済が始まってからということになりますが、会計上は発生基準で、実行のタイミングから売上が立ち始めます(アルトアの金利計算は実行日を含めない片端計算なので、厳密に言えば、実行日の翌日からということになります)。

アルトアは今年の2月に立上げて以降、2回の増資によって資本金/資本準備金で14億8,000万円にまでなっていますので、支出先行でも先行きが危ぶまれることは全くありません(ご安心ください)。ただ、4月に本格的にアルトアとしての開業準備作業を進めてからこのかた、一切売上が立つことなく、一方で費用は着実に発生し、既に1億円以上の費用先行となっているのは、計画通りと言えども、精神的に決して楽ではありません(苦笑)。

今回売上が立ち始めたとは言え、まだまだ少額であり、まだ当面は費用先行が続きます。それでも、事業として、まずは着実に売上が立ち始めるというのはとても重要な通過点です。通過点ではありますが、一つの大きなマイルストーンを達成できたことにホッとしています

思えば刺激に満ちた良い一年でした。来年ももっとワクワクする一年にしていきたいと思います。皆さま、良いお年をお迎えください。

PS. 弥生の年内の営業は本日で終了しましたが、アルトアについては、金融機関(等)ということで、年末ギリギリ12/29(金)までの営業となります。
posted by 岡本浩一郎 at 18:46 | TrackBack(0) | アルトア

2017年12月25日

予定通り辞めます

久し振りに釣りっぽいタイトルですが、私が辞めるという話ではないのでご安心を(笑)。本年1月に本ブログでお話ししたように、この年末年始での年賀状の送付を原則として辞めます。正確に言えば、

1) 会社として弥生株式会社の年賀状を送付するもの
2) 私個人として個人の交友関係の中で個人の年賀状を送付するもの

についてはこれまで通りなのですが、3)私個人として弥生株式会社の年賀状を送付するもの、について廃止させて頂きます。

1月にも書いた通りですが、そもそもコミュニケーションのあり方が変わっていること、また、年間でも特に忙しい12月において、年賀状の準備に時間を使うのではなく、お客さまにより良い価値を提供することに時間を割くべきと判断しました。変わることの重要性を説きながら、惰性で続けるというのも私らしくないとも思いました。

率直な感想ですが、やるという判断よりも、辞めるという判断の方が難しいですね。ただ今月を振り返ってみると、辞めるという判断をして本当に良かったと思っています。この12月は12月7日にアルトアが営業開始したこともあり、例年以上にバタバタしましたが、年賀状の準備が不要になった分、何とか乗りきることができました。年賀状の準備に例年通りの時間をかけていたら大変なことになっていたと思います。

もっとも年賀状を廃止したことによって、コミュニケーションが薄れてはならないと思っています。仕事のネットワークという意味ではFacebookを一番アクティブに活用していますので、まだつながっていない方は是非Facebookでつながって頂ければと思います(それなりの数の友達リクエストを頂くので、メッセージと共にリクエストして頂けると確実です)。

また、そもそも君とは個人としての交友関係だろう、という方は是非住所をお教えくださいませ。昔から個人としての年賀状は続けていますが、時間の経過の中で住所がわからなくなってしまった友人も結構いらっしゃいます。

そして何よりも来年は対面でお会いする機会をもっと増やしていきたいと思います。前回、今年はアルトアの立上げもあり、「引き籠った(?)」と書きましたが、来年はどんどんと外に出て多くの方とお会いしたいと思っています。こちらからもお声がけはさせて頂きますが、こっちに来て、というリクエストもできる限り積極的にお応えしますので、是非お声がけください。
posted by 岡本浩一郎 at 17:27 | TrackBack(0) | 弥生

2017年12月21日

引き籠った(?)一年

12月もバタバタしているうちに、あっという間に下旬です。先週金曜日で年内の出張は終了。今月は忘年会も兼ねて、第一週が大阪、第二週が札幌、第三週が名古屋と出張が多い月でした。

何年かぶりに年間の出張回数を数えてみたのですが、今年の出張回数は31回、宿泊は19泊でした。毎年数えてはいないのですが、(弥生での)これまでの最高記録は2014年の出張回数が46回、宿泊が40泊ではないかと思います。これと比較すると、出張回数は2/3、宿泊に至っては半分以下。宿泊のうち、5泊は海外出張に伴うものなので、国内での宿泊を伴う出張という意味ではさらに減っています。

もっとも2011年/2012年あたりは年間30回弱だったので、通常のペースに戻ったといえるのかもしれません。

回数はともかく、宿泊が減った最大の要因はアルトア。アルトアの立上げにかなりの時間を割いていたため、なかなか東京を離れられなかったというのが今回の数字に如実に表れています。例年、出張が増えるのは、6月と10月〜11月のPAPカンファレンスを開催する時期なのですが、今年は10月は出張が3回に対し宿泊はゼロ泊、11月は出張が5回に対し宿泊は1泊。見事なまでに日帰りの連続でした。例年であれば、出張する機会が少ない福岡や広島は必ず宿泊する(& 現地の食を堪能する、笑)のですが、今年は残念ながら両方とも日帰り。

この状況ですから、各拠点から、最近は岡本さんが来ない、付き合いが悪いと言われているような、いないような。あまり煩いことを言われなくてよい、とホッとしている方も多いような気もしますが(笑)。お蔭さまでアルトアも無事に立ち上がりましたので、来年はもう少し外に出るように意識したいですね。
posted by 岡本浩一郎 at 19:43 | TrackBack(0) | 弥生

2017年12月19日

二回目のNHK

アルトアが営業を開始してから約10日間。お申込み殺到とはいきませんが、少しずつお申込みを頂いており、先週には、初の融資実行に至りました。アルトアのオペレーションは、AI(人工知能)による審査も含め、基本的にシステムによって全自動で動くようになっています。ただ当初に関しては、念のために人による確認の手続きを随所に入れており、慎重に立上げを図っています。現時点ではお申込みが殺到しても対応が難しいため、毎日数件ずつお申込みを頂くのが、ちょうど程よいペースです。

2017121901.JPG

さて、アルトアの営業開始にあたって、同日に記者発表会を開催しました。この際、NHKの取材カメラが入っていたのですが、先週土曜日に「会計ソフト活用し中小企業に融資 新たな金融サービス広がる」というニュースとして報道されました。このニュースはこちらから動画でご覧頂けます(2018/1/9追記: 残念ながらリンク切れしてしまいました)

約1分間、結構丁寧に報道頂いています。こんなに手厚く報道して頂いていいの、と思ってしまうほどですが、中小企業向けの新たなサービス、AIを活用というあたりが、ニュースバリューがあると判断頂いたのでしょうね。先週本ブログでご紹介したプロモーション・ビデオもかなりの長さで紹介頂いています(Dさん、LWさん、やったね!)。

私もかなりの長さで登場していますが、プレゼンテーションの一部を切り出されると、手の動きが若干謎ですね(苦笑)。

残念ながら私はTV放送を直接見れなかったのですが、土曜日のお昼11時半ごろと夜21時前の2回放送されたようです。実は私がNHKに登場したのは二回目。2015年初に神田明神への初詣を取材されたのが、全国放送デビューで、今回が約三年ぶり二回目のNHK登場ということになります。前回はどこの誰だかわからない状態でしたが、今回はしっかりアルトアの看板を背負っての登場。だいぶ出世しました(笑)。そういえば、記者発表会の前日にチーム・アルトアの皆で神田明神にお参りしましたので、これも神田明神のご利益かもしれません。

今回もNHKで見ました、という声を多く頂きました。やはりNHKの伝播力はすごいと実感します。
posted by 岡本浩一郎 at 15:34 | TrackBack(0) | アルトア