2019年07月22日

資金調達ナビのこれから

先日、立ち上がったばかりの資金調達ナビご紹介をしたところ、とてもポジティブなフィードバックをいただいており、嬉しい限りです。資金調達ナビが目指すことは先日もお話ししましたが、その背景にある想いについては、実は二年前にもお話ししたことがあります。

弥生はこれまで長年にわたって、日本の小規模事業者に、会計ソフトを提供し続けてきました。会計ソフトは、事業者の現状を正確に把握するためのツール。いわば物差しです。会計ソフトという物差しを使うことによって、事業の現状を把握し、将来に向けてどういったアクションを取るべきか判断することができます。しかし、一方で、これまでは物差しで測った結果、このままでは資金繰りが苦しくなる、あるいは逆に、今ここで資金を投入して投資すれば事業を大きく成長させられる、といったことがわかっても、それに対して弥生が提供できる打ち手はありませんでした。

今回の取り組みは、測る道具としての物差しを提供するだけではなく、そこから生まれるアクションのための打ち手を提供しようとするものです。弥生は今、事業者のあらゆる悩みにお応えする事業コンシェルジュへの進化を図っていますが、その一環であることは言うまでもありません。

上で言う今回の取り組みは、事業者の方が会計データさえあればオンラインで簡単に融資を受けられる「アルトア」のこと。ご承知のように、アルトアは融資を開始してからもう一年半になります。まだまだ課題はあるものの、着実に前進しています。

上でお話しした想いを弥生側として具体化したのが、今回の資金調達ナビ。弥生としては、特定の資金の出し手(アルトアを含め)に偏ることなく、事業者の方にとって中立的な立場でお手伝いをしたいと思っています。ただ、現時点では、アルトアに関するコンテンツが中心となってしまっているのは事実。もちろん、このままでいいとは思っていません。

弥生自身でも資金調達ナビをしっかりと改善していきますが、資金調達ナビが本当の意味で事業者にとって価値のあるものになるためには、もっと多くの力を集めることが必要です。アルトアは、その仕組みを金融機関に提供することによって、金融機関がアルトアのように利便性の高い融資をできるお手伝いをしようとしています。同時に、金融機関にも資金調達ナビにご参画いただき、資金調達ナビが事業者と金融機関の接点としてお役に立てるようにしていきたいと思います。

もう一つのカギは、弥生のパートナーである会計事務所。会計事務所は普段から顧問先である事業者の資金繰り、そして資金調達の支援を行っています。そこで蓄積された知見を資金調達ナビを通じて、より多くの事業者が活用できるようにしたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 17:44 | TrackBack(0) | 弥生

2019年07月19日

アンダードッグ vs. バンドワゴン

今週末は参議院議員通常選挙。各種報道によると、与党が比較的優位に立っているようです。ただ、ここで気になるのが、アンダードッグ効果。一方が勝ちそうだと、逆に負けそうな方に投票する人が増え、結果的に、思ったほどの勝ち負けの差がでないというもの。弱い立場に同情してしまう判官びいきという見方もできますが、実際には同情というよりも、極端な勝ちを避けようとする現実的なバランス感覚の表れではないかなと思います。

このアンダードッグ効果は昔から存在すると言われていましたが、むしろ最近では、勝ち馬に乗るというバンドワゴン効果が出ることもあるようです。日経のこの記事によると、「衆院は1996年に導入された小選挙区制では1人しか当選しないため、有権者は自分の投票が議席に反映されない『死に票』になるのを嫌がり、勝ちそうな政党に極端に振れやすい傾向があるとされる」とのこと。なるほど。

ちなみに、弥生が圧倒的No. 1である理由の一つはこのバンドワゴン効果です。業務ソフトは趣味のものではなく、業務のために(やや微妙な言い方ですが)やむを得ず使うもの。それだけに失敗したくないし、確実に使えるものを選ぶ傾向が強くでます。結果的に、周りでもみんなが使っている、そして会計事務所からも推奨されている弥生が選ばれるという訳です。あ、もちろん、もともといいものだと評価いただいているからこそ、みんなが使っているし、推奨もされる訳です。あくまでもいいものだからこそ、自己強化が効きやすいということですね。

閑話休題。今回の選挙は果たしてどのような力学が働き、どのような結果になるのか。いずれにせよ、国民として、子供を持つ親として、小さい力ながらも、選挙権をしっかりと行使したいと思います。

それにしても、秋葉原は選挙カーが多く、この期間中はかなりうるさいことには閉口します。本人が乗って、しっかりとした主張をしているのであれば尊重すべきだと思いますが、音楽を流して、名前を連呼するだけというのは勘弁してほしい。静かな週明けが待ち遠しいです。

PS. 今回初めて知りましたが、数年前に公職選挙法が改正され、投票所には子どもと行けるようになったのですね。以前は投票所に一緒に入ることは幼児などしか認められていなかったのですが、18歳未満はokになったようです。これはとてもいいことだと思います。今週末は娘と一緒に投票しに行きたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 19:48 | TrackBack(0) | その他

2019年07月17日

資金調達ってどうするの?

事業を拡大する上で、一般的に資金を調達することは避けて通れません。最初は自分の蓄えを元手(株式会社で言えば資本金)としてスタートするにしても、自己資金だけでは早晩限界が来ます。意外に思われがちなのですが、実は事業がうまくいけばいくほど資金繰りは厳しくなります。一般的な小売/卸業で考えると、販売する前には仕入が必要。そして仕入するためには資金が必要。つまり販売してお金を得るためには、まず仕入のためにお金を投入しなければならないので、販売(=売上)を増やそうとすればするほど、その手前でお金が必要になり、資金繰りが厳しくなるのです。

昨今のベンチャーブームの中で、資金調達といえば、出資を受けることと思いがちですが、これはむしろ例外。出資をする方からすると、リスクに合うリターンが必要となりますから、相当な成長可能性を求められることになります。インターネットを使ってこれまでにない、なおかつ、大きなポテンシャルのある事業を立ち上げようという場合には、出資を受けることも選択肢になりますが、お店を開く、職人として独立するといったようなケースで出資を募るのはなかなか難しいのが現実です。

もちろん、数で言えば、後者のパターンの方が圧倒的に多い。つまりほとんどの場合、資金調達といえば、融資を受けることを意味します。特に創業時には、公的金融機関である日本政策金融公庫から創業融資を受けることが一般的です。ただ、創業融資なだけに、融資を受けられるのは基本的に創業時に限られます。創業してから2年経った、事業は比較的順調だが、資金繰りはなかなか厳しい。こういった時にどうすべきか。

2019071701.png

そういったお悩みにお答えするために、このたび弥生では資金調達ナビというサイトを立ち上げました。資金調達にはどういった選択肢があるのか、では具体的にどうすれば資金を調達できるのか、を学べるサイトです。

まだサイトとしては立ち上げたばかりなので、ややアルトア色が強いことは事実です(笑)。ただ、もちろん、資金調達する上で、アルトアが唯一無二の解ということはありません。少額かつ短期の融資を簡単に借りることがでっきるというメリットはありますが、様々に存在する資金調達方法のあくまでも一つの選択肢に過ぎません。

例えば、一定の条件に該当すれば、補助金や助成金を受けられるかもしれません。これも立派な資金調達。しかも、補助金や助成金であれば、返済する必要がありません。つまり「美味しい」資金調達の方法です。もっとも、当然一定の条件に該当するかどうかに左右される訳ですし、一般的に補助金や助成金は実際に資金を受け取れるまでには時間がかかります。つまり万能な解はありません。

お客さまにとって大事なのは、どういった選択肢があるのかを理解し、自分の置かれた状況に適した資金調達を行えること。まだまだスタートしたばかりですが、この資金調達ナビを通じて小規模事業者の資金繰りのお悩み解決をお手伝いしたいと考えています。
posted by 岡本浩一郎 at 16:45 | TrackBack(0) | 弥生

2019年07月11日

切磋琢磨

一週間の海外出張(イタリア/イギリス)の直後に弥生PAPカンファレンスの後半戦。覚悟はしていましたが、なかなか大変です。とはいえ、今回のカンファレンスは例年以上の手応え。皮切りとなる名古屋で初の100名超えと記録更新してのスタート。会場の大きい東京/大阪は人数が多いのは当たり前ですが、営業所を開設して初の開催となる仙台も過去最高記録。

そして迎えた後半戦。後半戦の皮切りは福岡。会場のキャパシティは名古屋と同じ、事前のお申込み数もほぼ同じということで、名古屋との(いい意味での)競争に注目です。蓋を開けてみると、事前のお申込み数に対し、実際に当日ご参加いただく「参加率」が90%を軽く超え、結果的に参加者は120名を超えました。ちなみに会場のキャパシティが120名なので、本当にギリギリ一杯です。

2019071101.jpg

本当は3人掛けの長机に2人で掛けていただきたいところなのですが、恐縮ながらその余裕がなく。G20首脳会議のデジタル経済に関する首脳特別イベントで安倍総理、トランプ大統領、習近平国家主席が一つの長机に並んで座っていたことが話題になりましたが、まさにその状態。各開催地とも、想定されるご来場者を収容できる会場の確保が悩みの種です。

ということで、福岡と名古屋は共に記録更新となりましたが、勝負は福岡の勝ち。そしてその後ろには昨年に営業所を開設した広島が控えています。広島開催は明日。残念ながら100名には届きません(キャパシティ自体が80名)が、オープン1年先輩の威厳か、今年開設の仙台は大きく超える見込みです。できれば今後は広島も100名超えを目指し、名古屋/福岡/広島での3つ巴を期待したいところです。そしてその時点で仙台は今の広島の規模を目指したいところ。その仙台の後ろには営業所は開設していないものの、カスタマーセンターがあって一定の地の利もある札幌が控えています。

拠点の開設はそれなりな投資も伴いますし、それ以上にしっかりとした体制を確立するのも容易ではありませんが、こういった形で切磋琢磨し、それぞれの地元に密着した活動ができていることに手応えを感じています。さあ、カンファレンスも残すところ明日の広島と来週水曜日の札幌。最後まで楽しんで走り切りたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 15:55 | TrackBack(0) | 弥生

2019年07月09日

3点測位

先週末に無事に日本に帰ってきました。月曜日こそ東京オフィスだったものの、今日からPAPカンファレンスの後半戦開始。今日は福岡に来ています。我ながら無茶なスケジュールだな、と思いつつも、一人でも多くの方にお会いできることを楽しみに、最後(来週半ばの札幌)まで乗り切りたいと思います。

さて、先週はイタリアイギリスで調査を行ってきたのですが、その際に心掛けているのが、可能な限り複数のソースから情報を集めること。人間は、どうしても自分が見たい事実を見るという傾向があります。何か新しいものが立ち上がった際に、立ち上げた当事者はどうしてもポジティブに捉えがち。自分が手掛けて立ち上げてきたわけですから、実態以上にうまく行っていると思いがちになることは、ある意味自然なことです。だからこそ、立ち上げた当事者とは別の(それでも利害関係にある)方の意見を聞くことが重要になります。

今回イギリスでは、4ヶ所を訪問しましたが、その結果を重ね合わせることで、より確からしい真実が見えてきます。案の定、当事者は課題はあれどもうまく行っていると考えていても、別の立場からは、もっとこうすべきだったという厳しい見方があることがわかりました。

そういった意味ではイタリアは今回時間の関係で1ヶ所しか訪問できていないため、それはそれで非常に参考になったものの、ある程度割り引いて理解すべきだと考えています。より正確な理解のためには、今後、追加での調査も必要になるかもしれません。もっともこれは再びイタリアに行きたいという邪な理由があるのかもしれませんが(でも今回色々と大変だったので、しばらく先がいいです、笑)。

複数の衛星からの信号で現在地を割り出す3点測位という方式がありますが、複数の情報を重ね合わせることによって現状を可能な限り正確に測るということは、今回のような調査はもちろん、日常の業務の中でも必要なことだと考えています。それこそ社内でも。

社内でも、それぞれの立場によってどうしてもモノの見方には一定のフィルターがかかってしまいます。そういった傾向がある中で、一つの情報ソースだけに依拠して経営判断することは、ややもすれば誤った判断をしかねません。決して誰が言っていることが誤っている、あるいは正しいということではなく、人間には(私自身も含め)自ずと一定のフィルターがかかってしまうことを前提に、情報を収集し、判断していく必要があると考えています。
posted by 岡本浩一郎 at 17:40 | TrackBack(0) | 弥生

2019年07月05日

3年ぶりのイギリス

ローマでの20時間の滞在を経て、次はロンドン。イタリアは30年近く願ってきて(仕事では)初でしたが、イギリスに関しては、数年に一度は来る機会があります。前回は3年前(実はこの記事の「第三目的地」)。新しい融資の形を模索して世界一周した際に、ロンドンにもやってきました。その前が5年前で、その前が8年前。2〜3年に一度という感じですね。

ロンドン滞在は70時間ほど。短か過ぎとは言えないものの、ゆっくりもできません。火曜日の夕方に到着して、金曜日の朝に離れるので、営業日で言えば2日間。幸いにして(?)、両日とも打合せでびっしり埋まっています。海外でのアポ取りに関しては、以前もお話ししたことがありますが、一方的に情報をもらうだけではなく、こちらからも情報を提供することが大事。要はお互いにとってメリットのあるものでないと、会ってもらえません。そのためには準備も大事です。

今回は、特にアポ取りに苦労した先もあり、これはこれで念願の、という感じです。通常はなかなか会ってもらえないのですが、定期的に訪問し、関係が確立している先から紹介してもらい、何とかアポが取れました。それでもなかなか日程が固まらずヒヤヒヤ。最終的に日程が確定したのは2週間前で、フライトのチケット確保にも苦労することになりました。

2019070501.jpg
2019070502.jpg
2019070503.jpg
2019070504.jpg

貴重な時間を費やす(自分も相手も)だけに、打合せは真剣勝負。朝から打合せで、夕方にはぐったり。それでも2日とも夕方には少し市内の散歩を楽しむことができました。実に充実した二日間、持ち帰る成果は、タイミングを見て本ブログでもお話ししたいと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 17:06 | TrackBack(0) | 弥生

2019年07月03日

念願のイタリア

成田空港からヘルシンキを経由し、15時間かけて永遠の都、ローマにやってきました。念のためですが、夏休みではなく、仕事です(笑)。仕事でローマ?、と思いますよね。仕事の中身はまたの機会にお話ししたいと思いますが、社会人になって30年近く、これまで休暇でのイタリアは何回もありますが、仕事でのイタリアは初めてです。ようやく念願がかないました。

念願がかなって、と書きましたが、まさに文字通りで、実は30年前からイタリアで仕事をしたいと思ってきました。私が大学時代に私の両親がミラノに仕事で駐在しており、私の初の海外はロンドン経由のミラノ。ロンドンからミラノまで夜行列車で旅をしたことはいい想い出です。初の海外、見るものが全て新鮮、かつ、ありとあらゆるところに歴史を感じます。おカネに制約はありましたが、食事も最高。そんな異文化体験を経て、すっかりイタリアかぶれになっても不思議ではないですよね。当時は日本でモッツァレラチーズや生ハムを見かけることはほとんどなかったのですが、探して買い求めたり(笑)。

新卒で入社して一年目。研修の一環として自分でテーマを決めて調査し、発表するという課題があったのですが、私のテーマはもちろんイタリア。イタリアがいかに素晴らしい国か、そのイタリアに現地法人を作ろうと主張していました。今から思うと相当変わった新入社員だったと思います。それを何だこのテーマはと言うこともなく、暖かく見守っていただいた諸先輩方には感謝しかありません。

入社した当時から海外に留学したいと思っていたのですが、当初の志望校はミラノにあるSDA Bocconi。イタリアNo.1のビジネススクールです。旅行した際にわざわざキャンパスを訪問して、願書までもらってきました。実際には仕事をする上で、IT業界におけるアメリカの影響力(というよりもほぼ全てがアメリカ発)を痛感し、最終的にはUCLAに留学することになるのですが。

UCLAに留学した頃には、もはや以前ほどのイタリアフィーバーはなく、休みの時に遊びに行くだけになりましたが、それでもイタリアは今でも好きな国のトップ3に入ります。これまでは機会に恵まれませんでしたが、いつかは仕事でイタリアに行ってみたいとも思ってきました。30年近くかかりましたが、ようやく念願かなって、です。とはいえ、実はローマ滞在はわずかに20時間(泣)。

2019070301.jpg
2019070302.jpg
2019070303.jpg



折角来たからにはと早朝2時間ほど散歩しましたが、本当に町全体が歴史ですね。実は飛行機のトラブルで色々と苦労したのですが、そもそもの目的であるローマでの打合せは非常に実りあるものになりました。きっとまたの機会もあるでしょう。
posted by 岡本浩一郎 at 17:08 | TrackBack(0) | 弥生

2019年06月28日

さすがにマズい

先週は火曜日に大阪で、そして金曜日に仙台で弥生PAPカンファレンスを開催しました。お陰さまで両会場とも、天気にも恵まれての開催となりました(大阪はまずまずの天気、仙台は曇りつつも本格的な雨にはならず)。これで雨男疑惑は払しょくされ(?)、上々の出来で前半戦を終えることができました。

今回のPAPカンファレンスのテーマは、消費税改正。一昨日に通常国会が閉会し、これを受けて安倍総理が記者会見を行いましたが、消費税に関する直接的な言及はありませんでした(記者からの質問もなし)。ここで正式表明があるのではないかという読みは見事にはずれ。これ、本当にどうなるんでしょう。このまま正式表明がなく、なし崩しで10月に突入ということはさすがにないと思いますが。

とはいえ、逆に延期するという表明もなく参議院選挙が行われるということで、さすがに今回こそは三度目の正直となるという見立てが極めて濃厚になりました。そういった背景もあり、今回のPAPカンファレンスでは、会計事務所の皆さまの、さすがに準備しないとマズいという焦りを感じます。

2019062801.png

PAPカンファレンスでは参加いただいた方にアンケートをお願いしているのですが、前半戦のアンケートの集計によると、消費税改正に向けて、既に準備が完了し、対応を開始している事務所はまだ全体の2割程度。準備を進めている事務所が6割、まだ準備していないという事務所が2割弱です。

もともと5月までは会計事務所のいわゆる繁忙期ですし、これまで消費税改正が予定通り施行されるのかどうかわからないという中で、準備がついつい後回しになってしまっていても不思議ではありません。今回のカンファレンスでは、既に対策を進めている会計事務所の事例紹介を行っていますが、この事例紹介が役に立つ(とてもそう思う、そう思う)という回答が9割を超えているのも、まだ全般的に準備が十分に進んでいないことの裏返しなのではないかと思います。

もう6月も終わり、いよいよ10月1日まで残り3ヶ月となります。準備は待ったなし。PAPカンファレンスの後半戦は、少し間があきますが、7月の第二週から福岡、広島で開催し、そしてその翌週に札幌での千秋楽となります。今回のPAPカンファレンスを、消費税改正に向けた準備を着実に進めるきっかけにしていただければと思います。
posted by 岡本浩一郎 at 17:55 | TrackBack(0) | 弥生

2019年06月26日

会社は株主のもの?

会社は誰のものか。ビジネススクールで当然のこととして教え込まれるのは、「会社は株主のものである」。ただ、これは日本人としてはすんなりとは受け入れがたい部分があります。会社は株主のための金儲けの道具なのか、あるいは、会社はお客さまに価値を提供し、ひいては社会に価値を提供するための公器なのか。さらに日本の場合には、従業員という疑似的家族、多くが従業員出身である経営者も含めて「自分たち」のものであるという意識も強いかと思います。

それでも資本主義の原理からは、会社は株主のものであるということを明確にした、という意味で今回のLIXILの株主総会は大きな転換点になるような気がします。会社の舵取りを担う取締役は株主が選任する。教科書的には当たり前のことですが、日本においてはこれまでほとんどの場合、会社側(現経営陣)が選定した取締役候補を株主総会で当たり前のように追認することが多かったのも事実。それが、今回のLIXILの株主総会では、会社側(創業家主導)と前経営者(瀬戸さん)それぞれが取締役候補を提案し、その一人ひとりを株主が選ぶということになりました。結果的に瀬戸さん陣営が取締役会の過半を占め、瀬戸さんがCEOに復帰するという劇的な結果となりました。

ただ、会社は100%株主のものかと言い切れるかというと、私はそう単純ではないと思っています。会社はある意味においてはお客さまのものでもあるし、また、従業員のものでもある。これらは矛盾する概念ではなく、むしろこれらを同時に成立させるからこそ、良い会社として存在しうるのだと思います。従業員がオーナーシップを持ち、「自分の会社」という誇りと愛着を持つからこそ、良い製品やサービスを提供できる。お客さまがそれら製品やサービスを良いものだと判断し、利用していただけるからお金をいただくことができる。そしてお客さまにお金をお支払いただくことによって、売上と利益が生まれ、結果的に株価や配当という形で株主に還元することができる。これらは全てつながっています。

そういった意味で、今回の一連の騒動は、資本市場の原理として、株主が一義的には会社のオーナーであるということを明確に示せたという意味では意義がありますが、一方でLIXILの今後という意味では、大きなダメージが残っているのではないでしょうか。この8ヶ月間の騒動は、お客さまからの信頼、あるいは従業員の誇りや愛着という意味では極めて大きなダメージだと思います。株価や配当という形で株主に報いるだけでなく、(むしろそのためにも)従業員の誇りや愛着、そしてお客さまからの信頼をどう取り戻すのか。課題は多いと思いますが、プロ経営者が本当の意味で企業を変革に導き結果を残したという良い事例となるよう、是非頑張っていただきたいと思っています。
posted by 岡本浩一郎 at 19:34 | TrackBack(0) | ビジネス

2019年06月24日

日銀FinTechフォーラム

先日、これまでの融資の不可能を可能にするという期待を背景に、アルトアとして様々な会議やカンファレンスでプレゼンの機会をいただけるようになりましたとお話ししました。直近でも日本銀行が主催する日銀FinTechフォーラムで、プレゼンを行うと同時に、パネルディスカッションへパネリストとして参加する機会がありました。

ただ、今回の日銀FinTechフォーラムは、アルトアの代表としてだけではなく、弥生兼アルトアの代表としての参加になりました。正確に言えば、弥生でもあり、アルトアでもあり、さらに言えばMisocaを代表しての参加。

今回の日銀FinTechフォーラムのテーマは、「〜企業の決済・商流データの活用と未来展望〜」。ITによって、企業の業務効率の向上をどう実現するのか、さらに、その中で発生するデータを活用し、金融の観点からどう企業経営を支援するのか。

既に日銀のサイトに今回の資料がアップされていますが。ここには弥生/Misoca/アルトアが目指している世界をはっきりと示されています。弥生がMisocaをグループ会社化したのはもう3年以上前ですが、なぜ弥生がMisocaと共に歩むことにしたのか、さらにアルトアを立ち上げたのは2年ちょっと前ですが、なぜ弥生がアルトアを立ち上げたのか。実はそれらが一本の線でつながっていることがご理解いただけると思います。

2019062401.jpg

全ては、弥生のお客さまである中小の事業者が、本当にやりたいことである事業を継続し、成長させることをお手伝いするため。面倒くさい帳簿付けをなくす、Faxをなくす、資金繰りの不安をなくす。

この資料にも明記されているように、これらはまだ夢に留まっている部分も多く、全てを現実のものにできているわけではありません。それでも、夢の実現に向かって弥生が着実進んでいることはご理解いただけるのではないかと思います。

それにしても今回のパネルディスカッションも実に楽しかった! まだまだやるべきことは山積みですが、その方向性は間違っていないこと、そしてそれを期待して/応援していただける方も多くいることを実感できました。
posted by 岡本浩一郎 at 18:23 | TrackBack(0) | 弥生